借入れ時の注意事項

創業融資の際に良くあるご質問についてまとめてみました。
創業期のみでなく、融資一般に言えることですので、
融資を受ける際には、気をつけていただけたら幸いです。

立替はNG!

必要なものを先にご自身のお金で立て替えて買うというのは、一般的にできません。
それなら借りなくても大丈夫なのでは?ということで、至極当然なことです。
従って、購入したい設備や店舗がある場合、借入れが済んでからでないと購入できないということが一般的です。

資金種別

借入れを行う際、どういう性格の資金を借りるのかを説明する必要があります。
①設備資金
②運転資金 
のどちらかに大きく分かれます。
融資のタイミングでは、設備資金は使途が限定される(特定の設備を買いたい)ということとなり、運転資金はそれ以外となります。従って、その使途以外には設備資金は使えないこととなります。
具体例としては、
仮に100万円の設備を購入するための設備資金として借入れを行った場合。

A)100万円の設備を買う必要がなくなった
B)他の用途(例えば商品仕入れ)に使いたい

という場合には、金融機関と協議する必要があります。
原則としては、購入の必要がなくなった場合は借入れを返済。用途が変更された場合には再度金融機関の判断を仰ぐ必要が出てくると考えられます(金融機関によっても異なります)。
現実的には、購入する設備の請求書等を金融機関に提示しないと、借り入れたお金が使えないということも多いので、留意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA