デジタル化応援隊事業

国の補助によるデジタル化・IT活用サポート

新型コロナウィルスの流行により、多くの事業者が経営に打撃を受けています。経営状況の改善のため、デジタル化・IT活用をお考えの事業者様はご相談ください。 

9月からスタートした国の制度「デジタル化応援隊事業」により、4,000円/h ECサイト導入コンサルティングが実質、自己負担額  500円/h~ 可能になります。

例)ECサイト導入のご相談費用  30万円 ⇒ 37,500円

 

中小企業デジタル化応援隊事業のしくみ図

応援隊構成図

 

ご相談例

●老舗の他国籍料理店

《状況》
富裕層が暮らす都内某所の駅から徒歩5分にある飲食店。近隣の会社員など日本人・外国人ともに常連客が多く利用していた。現地の人が作る本格的料理とお手頃なコース料理を仲間や家族で利用するシーンが多かった。

しかし、コロナの影響から店舗への来店数が激減。HP上で予約をできるシステムと古くなったECサイトのリニューアルをしたいというご相談。また、3か国語での翻訳機能も取り入れたいという要望。

《ご提案》
サイトのリニューアルとして、
①ネット上で予約を可能にするツールの導入。席予約、コース予約、テイクアウトの予約が可能となる。
②販売用のページは、これまでのものからFBやインスタとも連動できる店主が使いやすいものに変更。
③各ページに自動翻訳機能を取り入れて外国人・日本人両方がアクセスできるサイトになるよう提案をした。

●老舗の古書販売店

《状況》
これまで実店舗としての売上がほとんどを占めており、コロナの影響により売り上げが激減。既存のECサイトをリニューアルし、ECサイトとして売上を立てたいというご相談。魅力ある店舗用HPにするために、デザインを一新し、データベースを作成して顧客管理を行いたい。全体の構成、キャッチコピー、商品画像のアドバイス、また、商品を売るためのSEO対策も教えてほしいというご要望。


《ご提案》
①レスポンシブデザイン(スマホ最適化)を取り入れ、ECサイトをスマホでも見やすいデザインにリニューアルする。
②データベース化して顧客管理をしやすくする。
③これまで出来なかった買取機能を導入して新たな層の顧客を獲得する。
④SNSと連動させ、更新がしやすく、SNSからの流入がしやすい構成にするなどの提案をした。

ご相談の流れ

1.ヒアリング(導入したい理由やどんなECサイトを作りたいか)

2.費用・期間のご説明(「デジタル化応援隊」について詳しくご説明)

3.ECサイト導入・公開までのスケジュールの策定(ヒアリングしながら作成)

4.サポートの開始(~ 2/28までの間)に実施

デジタル化応援隊とは?

「デジタル化応援隊」に登録のIT専門家が皆様をサポートいたします!中小企業・小規模事業者のデジタル化・IT活用の負担を軽減するために、経済産業省が「デジタル化応援隊事業」を2020年9月1日にスタートしました。

https://digitalization-support.jp/

ご相談受付期間

 ●~2020年11月30日

相談にかかる費用負担例

 ●4,000円/ h の時間単価でのサポートの場合

  事業者様の負担額は500円/ h 以上

  ⇒3,500円/ h までの時間単価分は、国がIT専門家へ支払い

 ●1事業者あたり最大30万円のサポートが37,500円で受けられます。

 ● 4,000円/ h ×75 hのサポート費用30万円が実質37,500円で受けられます。

※ECサイト制作費、デザイン費用は上記コンサルティング費用には含まれません。別途、お見積もりをさせていただきます。なお、サイト制作費用には補助金の活用も可能です。

その他のサポート

株式会社いちからは《2020年度IT導入支援事業者》に認定されており、IT導入補助金の支援も行っています。⇒IT補助金ページ
また、中小企業・小規模事業者が活用できる補助金・助成金の活用アドバイスも承っています。弊社のIT専門家が事業者様のIT活用のお悩みを一緒に考えさせていただきますので、まずはお問合せください。